30代女性の転職となると結婚や出産などライフイベントを経験するケースが増えます。
このライフイベントが30代女性の転職に影響しているのは間違いありません。

ご家族のいる30代女性が転職を考える時、やはりライフスタイルを重視するのは当然です。
では転職時にはどのように考えていけばいいのでしょうか?まとめていますのでご覧ください。

結婚や出産に対してどんなスタンスで臨んでいるか?

30代女性の転職が難しいと言われる理由の一つに「結婚や出産を機に、仕事を辞める方がいる」が上げられます。
現在独身の方、また既婚者であってもまだお子さんのいない方は、結婚・出産によって仕事を辞める可能性があると採用側に判断される可能性もあるのです。

企業としてはせっかく教育してきちんと仕事が出来るまで育てあげた人材が、結婚や出産によって退職してしまうようでは困ってしまいますね。
そこで面接時に「結婚しても仕事は続けますか?」「お子さんを生んでも仕事を続けますか?」と確認するわけです。

この質問に対して「結婚したら辞めます」「子供が生まれたら専業主婦になります」と返事をすると転職しにくくなるかもしれません。
けれどそれが確固としたスタンスであるのなら仕方がないと言えます。

ただ企業によっては「当社は家事と育児を両立出来るように産休や育休の取得実績もあり、復職している女性社員も多数いますので安心して仕事を続けてください」と言ってくれるケースもあります。
女性のライフイベントが必ずしも転職の足を引っ張るとは言えないのです。

ただ面接時には今後のライフイベントに対して、しっかりした意見を持つ事はとても重要です。


画像出典元:http://www.shinga-farm.com/parenting/workingmothers-stress/

家事や育児との両立は実際大変

実際に家事と育児を両立させる事はどれだけ大変なのでしょうか?
お子さんが小さいうちは何かと手がかかり、とくに朝は1分1秒を争って朝食・仕事の準備・子どもを保育園に通わせる準備・家庭によっては洗濯・簡単な掃除などする事がとても多いです。

お休みの日も保育園の行事に参加しなければならない事もあり、のんびりゆったり生活するという発想にはなりにくいですね。
そこで小さなお子さんがいるワーキングマザーは、時短勤務出社時間を遅くしてもらうなど企業側から融通してもらえると本当に助かります。

将来お子さん育てながら仕事も両立させたい女性は、転職先がどこまでワイフワークバランスに配慮してくれているかを確認すると良いです。

ライフワークバランスを重視した企業も増加している

看護師・介護士など人手不足の業界はとくに、ライフワークバランスに配慮した勤務形態を採用している事業所が増えています。
具体的にはお子さんが小さいうちは時短勤務を認める、休日数を増やす、お子さんの体調が悪い時に休みやすくするため他の部署に異動させるなど。

お子さんが生まれても仕事を続けたいのであれば、ライフワークバランスに配慮した企業に転職すると仕事がしやすくなります。
勤務地や勤務時間を選べる派遣社員や、プライベートを優先できるパート・アルバイトはお子さんがいる女性に人気の雇用形態となっています。