30代女性の転職には、今、一つの流れが起きています。
それは転職を機にキャリアアップしたい方やスキルや経験を活かして管理職へ挑戦したいと言う方が増えている事。
またいきなり管理職ではなくても、アシスタントマネージャーからマネージャーへと昇格するケースも見られます。

30代の女性が管理職を狙って転職する時、どんな事に気をつければいいのでしょうか?
まとめてみましたのでご参考にしてください。

管理職を狙って転職する女性が増加中

10代・20代とキャリアを積み上げてきた女性が、30代で管理職を目指して転職する事例が増えています。
女性の転職者数自体も右肩上がりの状況で、企業側も女性の採用に力を入れている状況もあり今後ますます女性の存在が大きくなりそうです。

ところで管理職として活躍する女性の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?
もちろん仕事のスキルが十分磨けているのは当然ですが、男性並みにバリバリ働ける人や体力のある人、押しの強い人が管理職として活躍できるのでしょうか?

意外にも女性管理職に求められるものはコミュニケーション能力や調整力、傾聴力、同僚や部下に対して平等に接する能力、(自分自身の)感情のマネージメント能力など。
男性に求められる体力やバイタリティーよりも、女性らしい優しさや調整、マネージメント能力の方が重用されるのです。

男勝りのキャリアウーマンは少し古いタイプのイメージなのかもしれません。
管理職として転職出来る女性は、良い意味で女性らしい能力をアピール出来る人物のようです。

管理職経験者でなくても管理職として登用してもらえる

突然「幹部候補生募集」「統括担当者募集」と言う募集を見て、意気揚々と応募してくる女性は実はかなり少数派です。
ところが最初はアシスタントマネージャーの立場で転職してきた方が、2~3年のキャリアを積む事でマネージャーへと昇格していく例も増えています。

そもそも管理職経験者の女性は非常に少ないため、管理職を募集しても人材が集まらない事情もあります。
そこで管理職見習いのような立場で30代女性の転職を受け入れ、数年かけて管理職へとキャリアアップしてもらうケースもあるのです。

管理職と聞くと多くの女性は身構えてしまいますが、業務を覚えていくうちに無理なく管理職へとステップアップ出来る事例もあるので最初から「管理職は絶対無理!」と思い込まない方が良いかもしれませんね。

管理職専門の求人サイトもある

管理職を目指す女性の増加に伴い、管理職を目指す女性専門の転職支援サイトも登場しています。
企業も積極的に女性管理職を登用しようという動きになっているので、仕事のスキルや能力、人間としての魅力、意気込みのある方はチェックされると良いですね。
もちろん未経験歓迎の転職・求人サイトもあるので安心してくださいね!


画像出典元:https://woman.bizreach.jp/