30代女性の転職が難しいと言われる理由

女性が就職・転職するのに10代・20代の若いうちはかなり求人も多く、履歴書を提出すれば比較的スムーズに面接に進みとんとん拍子で採用してもらえる可能性が高いのは事実です。
ところが30代になるとだんだん採用基準が厳しくなり、履歴書だけで断られるケースもあります。

年齢が上がってくると求人数も減ってしまいますし、採用のハードルも高くなる傾向にあります。
ではなぜ30代女性の転職が難しいと感じられるのでしょうか?
その理由をまとめていますのでご参考にしてください。

30代女性はそれなりのスキルが求められる

10代・20代ではまだまだ「上司に指示されてそれに素直に従う」ような仕事しか出来ません。
人から指示されて動くだけなら楽ですし、自分の意思も必要ありません。
けれど若いうちはそれで良くても、30代ともなればプラスαの能力が必要とされます。

例えば!

 

  • 仕事の最終目標に合わせて細かく目標を設定し、スケジューリングして予定通りに進行出来る管理能力
  • 部下をまとめて動かすマネージメント力
  • 人並み外れた企画力

 

など会社が「是非、我が社で採用したい」と思わせるだけの能力・魅力・実績がなければなりません。
30代になっても上司に「次はどんな仕事をしたらいいですか?」と聞かなければ動けない人材では転職しにくいのが現状ですし、現職で受け身で仕事が出来ているのなら、むしろ転職しない方が安全かもしれませんね。

30代女性の転職が難しいと言われる理由の一つは、企業側から求められるレベルが高くなるから。
年齢なりの実力がなければ転職は難しくなります。

30代ワーキングマザーは採用しにくい?

30代女性ともなるとお子さんがいる方も増えます。
子育てと仕事を両立させるのは、口で言う程簡単で楽な事ではありません。
それでも保育園にお子さんを預け、旦那さんやご家族と連携して仕事と育児を両立させている方も大勢います。

お子さんがいるからと言って、企業が採用を一切控える事はありません。
ところがお子さんがいると、お子さんの都合で急に会社を休んだり午後5時になるとお迎えの関係で必ず退社しなければならないなど、働く上での制限がかかってしまいます。

転職時に「子供が熱を出して休むかもしれないので、それを見越してお休みの取りやすい体制にして欲しい」「残業は出来ない」などの条件がつくため、採用しにくくなってしまうのも事実です。
企業側もワーキングマザーが働きやすい環境を整えるのはもちろん、働く側も多少の融通をつけられるように努力する姿勢は大事です。


画像出典元:https://toranet.jp/contents/trend/ranking/2215/

30代未婚女性は将来をどう考える?

30代未婚女性・30代既婚女性でもお子さんがいない方は、将来結婚した時にどのような選択をするかは採用する企業にとって重要です。
「結婚したら辞めます」と言われてしまうと長く働いてくれない可能性があると不安になってしまいますし「子供が生まれても仕事は続けます」と確約してくれれば採用される可能性も高まります。

30代女性の場合、結婚や妊娠・出産がキャリアに与える影響が大きいため、転職が難しく感じられるのです。